人気ブログランキング |
9/1 島田市総合防災訓練 会場型訓練 その4
最後です。グラウンドは、最終訓練に向かっています。
a0103948_2432113.jpg
↓プリーズ!クリック!



自衛隊の皆さんの指導で、救出救助訓練が始まっていた。
a0103948_2452830.jpg
緊迫感がみなぎる
a0103948_2463537.jpg
見えた!
a0103948_2465652.jpg
とりまく人たちも心配そうに見つめている
a0103948_24722100.jpg
この人がどうなったのかはわからないが、投光機はちゃんと点いていた。
a0103948_2511852.jpg
訓練終了!
a0103948_2481832.jpg
テレビで関東大震災の記録を見た。大地震は来ないほうがいいに決まってるけど、必ず来る。
避難所のトイレの問題はどうなってるのだろう。 放射能は? 課題はまだまだあるけれど、
防災訓練で、たくさんの人たちが防災、減災のために、頑張ってくれているのを見て、
どこまでできるのかをつかめたのかもしれない。いや、すべてを把握したわけではないけれど、
体験したことで、見たことで、いざというときに何かが引き出されるのだと思う。
この会場でも、たくさんの知人に会った。
いざというときに、みんなで相談し、分担し、乗り越えていけるに違いないと思った防災訓練でした。

町内会役員の皆様、関連組織の皆様、お疲れ様でした!
by honmatikaiwai | 2013-09-05 19:00 | まちづくり | Comments(2)
Commented by 茶まゆ at 2013-09-05 21:50 x
自衛隊や消防の方たちは
やっぱり頼りになるなと
写真を見ていても
思いました。
でも、道徳の教科書に出ていた
阪神大震災の時の教訓は、
自分たちでできることは自分たちで
やっていこう   でした。
あちこちで、消防の人に助けを求めても、
全て救うことはできない
皆さんでできることを教えますからやってください
という言葉が心に残ってます。
Commented by honmatikaiwai at 2013-09-05 23:06
防災訓練って本当に役に立つの?という声も聞かれますが、
自分たちでできることの引き出しを作っておくためには、
体験したり、見たり、聞いたりの経験が必要なんだと思いました。
<< SLフェスタのキャラクターに名... 9/1 島田市総合防災訓練 会... >>