人気ブログランキング |
キャンプ in アフリカ
吟子ちゃんの質問に、マックさんからまたまたお便りが届きました~!
ホテルはありません。
毎日キャンプしながら移動します。象がウロウロしている林の中にぽつんとテントを張り寝袋生活です。
a0103948_2224063.jpg
↓プリーズ!クリック!



a0103948_22224891.jpg
a0103948_22244281.jpg
夜になると、象やライオン、ハイエナ、カバの唸り声が聞こえて少し怖いかんじが何ともいい気持ちです。
a0103948_2225567.jpg
なるほど… 少し怖い感じが… いい気持ち… なんですね。
やっぱり、夏祭りに「お化け屋敷」をやりましょうか…
by honmatikaiwai | 2010-09-15 22:39 | ビバ!アフリカ! | Comments(14)
Commented by 吟子 at 2010-09-15 22:51 x
う~ん… 凄すぎ…
こんなサバイバル、行ってみたいような… 行きたくないような…
Commented by 吟子の父 at 2010-09-15 22:57 x
吟子よ!朝のシャワーがないと生きていけない君には無理!
しかし、今はこんな旅行ができるんですね。びっくりしました。
Commented by ほんまちっこ at 2010-09-15 23:14 x
毎日快適なエアコンの中で生活している身にとって
こんな自然にあふれる(あふれすぎる?)生活は憧れですが・・・
きっと暑すぎ~虫に刺された~お風呂に入れない~ 等々
文句の垂れべえになってしまいそう。
でもやっぱ あこがれるなぁ。
Commented by 金谷茶娘 at 2010-09-16 22:30 x
ということは、もしかして、食事はこのたき火で自炊?
Commented by 茶まゆ at 2010-09-16 23:07 x
なんとすばらしい
アフリカの大地に眠る夜
服装からすると
夜は寒いのでしょうか?

カバは夜にうなるんですね、初めて知りました。
Commented by マック at 2010-09-17 22:52 x
質問にお答え
食事はもちろんこのたき火で作るのですが、現地のコックさん同伴で全てコックさんが作ってくれます。このたき火で、ローストチキン・ステーキ・スパゲティー・食後デザート・焼き魚・ご飯・何でもつくります。腕のいいコックさんでとても美味しいです。
夜と朝は寒いです。10度以下と思います。ワールドカップの応援で寒そうにしていました。南アフリカの隣のボツワナという国です。
カバは夜唸ります(ケニヤでもそうでした)カバは一番危険な動物で現地ではカバによる死者が一番多いそうです。日本の動物園ではのんびり者だと思われていますが、ライオンなどより危だそうです。なぜだか分かりますか?
Commented by 金谷茶娘 at 2010-09-17 23:50 x
コックさん付きなんですか!あ~ それならシャワーがなくても行ってみたい!
コックさんて、写真に写ってる現地の方?
Commented by 金谷茶娘 at 2010-09-17 23:52 x
カバが危険な理由、さっぱりわかりません。
茶まゆさんなら知ってそう。
Commented by ケセラセラ at 2010-09-18 00:55 x
カバってぷわ~と水に浮いてるイメージしか沸かないけど・・・
Commented by 茶まゆ at 2010-09-18 08:47 x
いえいえ、私も知りません。知りたいです。
ただ、、夕方すごいスピードで草原を走るカバを見ました。
そのとき、あくびして、水に沈んでいるのと
同じ動物???とびっくりしましたけど。
Commented by マック at 2010-09-18 23:31 x
コックさんは「カニさん」と行ってテントの写真に出ている現地の人です。
この他にドライバー兼ガイドの現地人がいます。

シャワーはあります。近くの川から水を汲んできて、たき火で湧かしてお湯にします。
それをテントで囲いをした上に1斗缶にシャワーのホースを接続したモノを載せて流します。

カバの話は、honmatikaiwaiさんに写真と記事を送りましたので、そのうちアップされることと思います。
Commented by 吟子 at 2010-09-19 00:24 x
シャワーもあるんだ!やった~!
Commented by 茶まゆ at 2010-09-19 10:02 x
どうしよう
カバのこと考えて
金谷駅前通から
どんどん遠ざかっていく
Commented by honmatikaiwai at 2010-09-20 00:04
それは大変!
さっそくカバの話をアップします。
<< 本町界隈 9月15日発行 大迫力のゾウ その② >>